記事一覧

USBメモリー型ビデオカメラ簡易取扱い説明書

USBメモリー型ビデオカメラ簡易取扱い説明書
動感録画機能(動くものを検知して録画開始)とバイブレータ機能を備えたUSBメモリーの形をした高画素小型ビデオです。
<主機能>
動感自動録画機能付き、バイブレータ機能、通常録画、動感録画、写真撮影、録音機能。
<同梱品>
本体,本説明書、ドライバーCD11211.jpg

<操作方法>
マイクロSD カードの金属端子面を内側にして“カチッ”というまで挿入して、使用してください。
(電源ON) “①”を長押しすると、長い振動とともに青と赤のLEDが点灯し内部を初期化します。
初期化が終わると振動が停止、赤LEDが点灯してスタンバイ状態となります。
マイクロSDが差し込まれていないと10 秒程度で自動電源OFFとなります。
(電源OFF) スタンバイ状態で”①”を長押しすると、振動とともに青LEDが数回高速点滅して電源OFFされます。
(写真撮影) スタンバイ状態で“②”を押すと青LEDが点滅して写真を撮影します。撮影後、振動してスタンバイモード(赤点灯)に戻ります。
(録音) スタンバイ状態で“①”を押すと振動とともに青LEDが数回点滅して録音を開始します。録音中、ランプは点灯しません。再度” ①”を押すと録音終了とともに振動してスタンバイモード(赤点灯)に戻ります。
(マニアルビデオ録画) スタンバイ状態で“②”を長押しすると2 回の振動とともに赤LEDが数回点滅してビデオ録画を開始します。録画中、ランプは点灯しません。再度”②”を押すと録画終了とともに振動してスタンバイモード(赤点灯)に戻ります。
(動感自動録画) スタンバイ状態で“③”を押すと3回の振動とともに、赤と青のLEDが4回点滅した後消灯して動感待機状態となります。動感待機状態では動体を検出すると自動的に録画を開始します。
録画中に停止したい場合は、”③”を押すと1回振動してスタンバイモード(赤点灯)に戻ります。
動感待機状態を確認する場合は、”①”又は”②”を押すと赤と青のLEDが3 回点滅して確認できます。
(注1) 長時間録画をした場合は、ビデオファイルは30分ごとに自動的に分割保存されます。
(注2) 動感自動録画では、動体が1 分程度ないと録画を自動停止して動感待機状態となります。
(注3) バッテリーが不足した場合は、緑ランプが約3 秒点灯して録画データ保存後、自動的に電源が切れます。
(注4) スタンバイ状態で約3分間何も操作をしなかった場合は、振動とともに自動的に電源OFFになります。
<充電> (AC―USB充電器は別売です。)
リチウム電池の特性上、初期の5回程度は長めに充電しないと内部のバッテリーが安定しません。充電と使用を繰り返して電池を安定させてください。PCのUSBポート、AC-USB充電器から充電することができます。
充電中は赤LEDが点滅し、終了すると赤LEDが消灯します。(青LEDは常に点灯)
充電中に”③”を長押しすると、スタンバイ状態となりカメラ機能を使用できます。
<リセット処理>
“①”と”②”を同時に押すとリセットされます。
<パソコン接続>
本体をスタンバイ状態(赤点灯)にした後パソコンのUSB ポートに接続すると、リムーバルディスクとして認識されます。
ファイルはパソコンに転送して保存、再生できます。またマイクロSDカードを取り出してパソコンに接続することもできます。ビデオ再生はPCの動画プレーヤで再生して下さい。
・ 動画プレーヤに動画用ソフトモジュールが正しくインストールされていない場合、動画が表示されません。
・ 再生動画が飛ぶような場合は再生ファイルをPC内にコピーして使用して、能力の高いPCを使用して再生下さい。
・ USBから抜く場合は安全な取り外し後、電源をOFFにして下さい。
<時刻設定方法>
テキスト編集で下記フォーマットに従ったファイルを作成し、ルートフォルダーに”time.txt のファイル名で保存して下さ
い。安全な取り外しの後、再度電源を“ON”した時に時刻が設定されます。
YYYY/MM/DD HH:MM:SS (年、月、日、時、分、秒)
フォーマット例 ・・ “2010/02/11 11:35:12 Y”

<よくあるトラブル>
・ スタンバイモードにならない。(LED が点灯しない)
充電操作を行ってください。充電時にパソコンのUSB ポートが有効であるかどうか、パソコンの省電力設定で
電源が供給されない設定になっていないことをお確かめ下さい。
・ 録画できなくなった
内部メモリーが一杯になっていないかお確かめ下さい。 充電状態をお確かめ下さい。
・ 初期使用時うまく動作しない
充放電とリセット動作を数回お試しください。
<注意>
1)撮影はレンズ(LENS)を被写体の方向へ向け撮影下さい。また盗撮等違法な目的でのご使用はおやめ下さい。
2)リチウムポリマー電池を使用していますのでメモリー効果はありませんが、初期使用時には充放電を繰り返して電池を安定させる必要があります。
<仕様>
仕様は予告なく変更される場合があります。
ご質問等は型番明記の上、E-MAIL にてお問い合わせ下さい。現象を正確に把握するため、質問等はお電話では受け付けておりません。
また説明書中の不明な用語や操作は、インターネット検索等でお調べ下さい。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント