記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[2]タッチパネルを含めた使い方のコツ

[2]タッチパネルを含めた使い方のコツ
ナビのタッチパネルですが高級品のタッチパネルではないのでちょっとコツが必要です。コツを覚えて頂ければ大丈夫です。全く問題なく使えます。
最新の10万以上のナビでも使いにくいという方も大勢います。慣れやコツの問題だと思います。
数年前のタッチパネルのタブレットパソコンや今までナビを使っていた方、数年前からDVDやCD、HDDナビを使っていた人は数十万でもタッチパネルがこれ以下だったので使い方とかコツがわかっているので全く問題ないです。説明書を読まなくても直感的に使えるし格安で高機能だと喜んで頂いております。

当たり前ですがタッチパネルは負担が大きいので同じOS、CPU、メモリでも動作が重いんです。指だけでこれだけ使えるなんて随分と良くなったと思います。ナビやタッチパネルが初めての方は特に注意をお願いします。

起動直後はしばらく触らない。
このナビは格安過ぎるパソコンと考えて下さい。ですから使い方もパソコンと同じです。
高級ナビと比べても起動が早いので、メニューが出るのが早いのですがメインメニュー画面が出てもパソコンというのは準備中なのです。このナビも同じです。パソコンほど待つ必要はありませんが起動後は最低、10秒から15秒は待って下さい。そうすると快適に使えます。
起動直後にタッチするのを控え、この準備が出来るまで待つというのがコツで一番スムーズな使い方なんです。
少し待ってあげないといけません。格安で購入したナビはもっと気を使って頂く必要があります。待ちたくないという方は考え方をちょっと変えて車に乗り込んだ時のフローを変えればいいだけです。
ナビの電源を入れてから、エンジンをかけシートベルトして格納したミラーを出してその後、ナビを操作すればいいのです。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。